投稿者 tenshoku | 2月 1, 2007

職務経歴書作成の準備

職務経歴書を作成するにも、ピクニックへ行くにも、準備が必要です。

まず、職務経歴書とは何かを考える必要があります。

職務経歴書はずばり、あなたの仕事の能力の軌跡です。職務上のあなたの分身となります。

これを踏まえた上で、職務経歴書では、あなたの社会でのアピールする点を考える必要があります。

職務経歴書は採用担当者にとってあなたを判断する唯一の判断材料です。採用側のニーズにジャストフィットな職務経歴であれば、メモ程度の物で良いかもしれませんが、そういう場合ばかりではありません。職務経歴書にしっかりと自分のキャリア、自己PRを盛り込むことが大事。
同じ求人情報には常にライバルがいることをしっかりと意識して、職務経歴書を作成する必要があります。

どんな会社、規模、社風で(メンバーが何人いる営業所で、など)
どの地域・範囲を担当し、地域性は、法人顧客、個人顧客など
どんな特徴を持つ商品を、どんな業界の商品を
どのような手法・スタイルで活動し
社内外のどんな人達と連携・協力し
どんな成果を挙げたか
など、仕事上でこれまであなたが何をしてきたのかを考える必要があります。
次に、あなたが仕事で特に頑張った事例、細かいことでも良いですので詳細を書きましょう。
採用担当者は、こういう細かいことを書くことであなたが会社で働いたときのことをイメージしやすくなります。ですので、日常の出来事でもよいのであなたに起きた問題、解決方法などを記載しましょう。

「新規顧客に会ったら、必ずその日のうちにお礼のハガキやメールを出した」
「顧客ファイルには、何気ない雑談の内容までメモしておき、後々のコミュニケーションに役立てた」「会社のためになる情報であれば、その日のうちに社内や部署で共有するようにした」
「他の部署にも積極的に出入りし、相談相手や協力者を増やした」

などなんでもよいので職務経歴書内でアピールをしてみてください。

職務経歴書を見て、採用担当者が事前に現場よりヒアリングしている募集ポジションにあなたの経験・スキルが合致しているかといったスクリーニングを行いその時点に不合格となる場合も往々にしてあるのです。職務経歴書は重要な要素です。
従って採用担当者はもちろん、現場責任者の仕事の合い間にでもしっかりとあなたの経験・スキルを印象付けられる職務経歴書を作る必要があるのです。職務経歴書で必ず見られるでしょう。

そして、職務経歴書を書く際にどの企業にも同じ職務経歴書を出す人がいます。

しかし、それがすべて同じ企業で同じスキルを求め、同じ人物像であれば良いかも知れませんが、十社十色です、そう、企業一社一社でニーズは異なるのです。

職務経歴書では基本的には企業によって職務経歴書は書き換える必要があります。それは職務経歴書での通過率を高めるためです。職務経歴書の大筋は同じでも、応募する企業、職種によってカスタマイズすることはたいへん重要です。
各求人情報には仕事内容や、求める経験・スキル等が明記されています。まずはその内容をしっかりと把握し、次に企業側の採用担当者(人事担当者のみなら ず、そのポジションのマネージャー)が具体的にどんな人を採用したいと考えているのかを自分自身でイメージして下さい。そのイメージを元に採用担当者の目を引 く重要キーワードや、求めている優先順位などを整理した上で、基本となる職務経歴書をカスタマイズしていきます。更に職務経歴書に記載する自己PRにおいても、上記内容を加味 した形でそれぞれ書き直していくとより書類選考の通過の確率は上がるはずです。

(職務経歴書)ニーズにもトレンドがある。

現在企業に最も求められているスキルは、コミュニケーション能力です。企業に転職をする際、コミュニケーション能力は必ず求められるスキルの一つです。職務経歴書にも必ず記載しましょう。
日々の業務でのやり取りの中でお互いの意思疎通を円滑に行えるかといったところを特に重視されている訳です。職務経歴書の中でも自身の経験・スキル・仕事 の進め方をアピールする上で、常にこのコミュニケーション能力を意識して取り組んできたことをうまく表現出来れば良いでしょう。 これで、職務をこなしたことがわかり職務経歴書もばっちりでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。